下水処理場当水処理

ポリ鉄の添加量を増加させ脱水汚泥の含水率がまで低下し燃焼設備での補助燃料賞が低減また排熱悩増加により発電設備の発電ミが増加しシステム全体のコストは徐々に低減しました。
 
食川米品種はえぬきを使川し処理水に含まれる栄養塩類をできる限り水稲に吸収させることを論んで処理水を水で循環瀧漑する実験を行っていました
 
定量のために取り扱うは極微量なため結米的に濃度換算される定量値は反応の結米から得られた測定価に大き左右されます。このためウイルス濃度が低い。
 
設備名称や状況レベルなどから過去の類似事例を検索下水処理場当水処理参照できるようにしました。データの分析過去の点検結果データのグラフ化やへの出力進捗管理ぐコご点検計画作成打二罵介システム
 
水位高から刻みを着色して示しています。区渕割施設平面の着色にょる。見える。化にょり市にとって浸水リスクの高い地区を分かりやすく示することが可能となる。
 
水エネルギー食に貢献する水道と目界に誇る本の農業が連携して古からの川本の文化である資源の循環利用を時代に合った形で再構築することに貢献できればと願っています。
 
ノウハウを蓄積できたことは今後の商品化に向けて大きな前進となりましたミニく横浜市北部汚泥資源化センター様に設置している実証試験装置の外観。

コメントを残す